ミナベ化工株式会社

CSR

ホーム > CSR

地域との共生と貢献

グラウンドの解放

ミナベ化工には、自社グラウンドがあり、地元少年野球チームの子供達に解放しています。
子供達は、元気に野球を楽しんでいます。またグラウンドはドクターヘリの着陸場所としても活用されています。

環境に配慮した排水処理

活性炭の生産には綺麗な水が必要になり、現在は地下水を活用しています。この水はみなべ町の方が使う飲み水と同じ地下水を汲み上げて使用しています。製造過程での排水には非常に気を使っており、排ガス、排水処理設備を整備し、環境基準を厳守しています。(ISO14001認証取得)
※例えば水質基準の重要項目であるCOD(Chemical Oxygen Demand):化学的酸素要求量の基準は、120ppm以下ですが、社内基準は16ppm以下としております。

環境に配慮した燃料

当社では地球環境に大きな影響を与えるCO2排出量の削減に取り組んでいます。
活性炭の生産に使用する燃料は、重油からCO2換算係数の低いLNG(液化天然ガス)への転換を実施し、環境にやさしい工場を目指し取り組んでいます。

地元の原料を使用

弊社の製品は、弊社が立地する和歌山県の原料(紀州材)を出来るだけ多く使って生産しています。地産品の活用を積極的に行っています。

製品についてはこちら

  • 製品情報
  • 製造工程
  • 品質保障